ホーム>ヤマトシブログ>施工事例

施工事例

コンテナハウスのベーグル屋さんができるまで

2022524173034.jpg

今回はヤマトシで実際に建てたコンテナハウスのベーグル屋さんが建つまでをご紹介いたします!
とっても素敵なコンテナハウスのお店が出来上がりましたので、コンテナハウスでお店を建てるイメージが掴みやすいかな、と思います♪
是非参考にしてみて下さいね。

 

1.コンテナの輸送

2022524163748.jpg2022524165532.jpgまずはコンテナを保管している場所から、設置場所までトラックでコンテナハウスを輸送します。

 

2.設置

202252416552.jpg2022524164846.jpg

クレーンで持ち上げて設置希望場所に設置いたします。
今回の施工は20ftのコンテナハウス1台でした。

2022524164917.jpg

コンテナハウスは重さが2,200kg~2,400kg前後ありますので、小さなトラブルでも大変な事になります。
ヤマトシでは熟練のスタッフが安全点検などは「これでもか!」という程しっかり行います!

 

3.内装・外装

 

2022524165558.jpg

 

設置が完了したら次は内装の工事に入ります!
今回はコンテハウスの扉をそのまま使うので、コンテナハウスにぴったりになるように木材を組んでいきます。その後壁紙を貼ったり、棚を設置したり、ガラスをはめ込んだり、外装を塗装したり、どんどんコンテナハウスをお店にしていきます!

4. 完成!

\じゃーん!/

202252417144.jpg

オシャレなテイクアウトのお店が完成しました!
コンテナハウスの中にシンク・オーブン・作業台・コンロなど、調理するのに必要なものは全て揃っているのはもちろん、窓も配置して風通しも良く、コンセントもあるので使い勝手も抜群です♪

202252417538.jpg

住宅街の中のお家の駐車場に突如現れたベーグル屋さんは、見た目もかわいくオープン前から大人気だったそう♪今ではお近くに住んでる方が常連さんとしてきてくれてるそうです♪

2022524171314.jpg2022524171326.jpg

まとめ

いかがでしたでしょうか。

おうちの駐車場スペースでもコンテナハウスが設置できるので、店舗を借りるのは不安…という方は一度検討して見てはいかがでしょうか。
「うちのお家の駐車場でも設置できる?」「2つ組み合わせたコンテナハウスのお店をオープンしたいけどどれくらいの土地があればいいの?」など、些細な疑問・質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。
ご質問から見積もりまで、どんな事でもご対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいね!

 
 
お電話でのご相談も受け付けております/073-412-0027

 

コンテナハウスはグランピングに最適!

アウトドアも楽しみたいけどテントで寝たり、火をおこしたりするのはちょっと…というようなニーズが近頃増えてきてホテル並みに快適な客室に滞在しながら、アウトドアを楽しむ新しいキャンプスタイル「グランピング」が最近注目されてきていますね!
グランピング施設はテントやコテージなどが一般的ですが、実はコンテナハウスとグランピングの相性は最高です!

 

 ー グランピング施設にコンテナハウスを活用するメリット ー 
202196151444.jpg
「グランピング」というのは優雅さを表すラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を組み合わせた造語なんです。
最近のコンテナハウスはデザインにもこだわっていて、おしゃれで自然と調和したデザイン、加えて隠れ家のようなワクワク感と非日常を感じさせてくれるのでグランピングリゾートに最適です。
 
また、コンテナハウスは工場で内装を含めてある程度つくりこんだ上で現地に運送できるため、建築期間を短縮し早期の開業が可能ですし、立地が原因で集客が思わしくない場合にはコンテナハウスごと移転や移設ができるためリスクヘッジにもなるというメリットも♪
 

今回はそんコンテナリゾートの事例をご紹介します!

 


 
 
 
 ー 石垣島のリゾートホテル『ぱいぬ島リゾート』 ー 
202196151516.jpg
2018年6月に石垣島にオープンした「ぱいぬ島リゾート」は、石垣の海や山を満喫する際の拠点となるリゾートホテルです。
コンテナハウスを活用したコテージスタイルのお部屋が全 12 棟、ツインとダブルの 2 種類が用意されています。
部屋の内装はモダンで、コンテナハウスでは通常の建築物と同様に、板張り・フローリング・タイル・パネル・クロス・塗装などを組み合わせて好みの内装デザインを実現できます。ちなみに、各部屋に設けられたウッドデッキではバーベキューを楽しむことができます。
20219615168.jpg
受付やカフェなど、コテージに付随する施設も全てコンテナハウスで作られています。
建物ごとに色をカラフルに使い分けているため全体が単調にならず、リゾート施設にふさわしい期待感のある雰囲気がありますね♪
202196151657.jpg
 
 
 


 
 
 ー グランピングファーム『なめがたファーマーズヴィレッジ』 ー 
202196151818.jpg
茨城県行方市にある「なめがたファーマーズヴィレッジ」は、グランピングと農業を組み合わせた「グランピングファーム」という新しいコンセプトで、自然環境の中でホテル並みに快適なキャンプを体験できると同時に、一年にわたり様々な野菜・フルーツを収穫し、その場で味わうことができる体験型農業テーマパークです
コテージにはコンテナハウスを活用していますが、自然や農業といったヴィレッジのコンセプトと整合的なデザインにするために、ウッドデッキやウッドパネルを利用することで、周辺環境と調和する外観を実現しています!
202196151842.jpg
リラックスしてくつろげるコンテナにいながら、自然との一体感を感じることがでる内装に仕上げ、冷暖房・Wifi・冷蔵庫なども完備しているため、利用者はホテル並みに快適なキャンプ体験ができます。
202196151914.jpg
コテージの前には広大は畑。野菜は取り放題なので取ってきて、そのまま生で食べてもバーべキューで焼いても良し♪
202196151957.jpg
 
 
 
 

 
 ー 大自然の中に突如現れるデザイナーズハウス『TOWA ピュアコテージ』 ー 
202196152019.jpg
那須高原の大自然の中にある『TOWA ピュアコテージ』は、赤・青・黄のコンテナを縦横に大胆に配置した遊び心のある外観が特徴的なデザイナーズハウスです。
外観とは対照的に、内装は落ち着いたモダンな雰囲気に仕上がっています。
70 平方メートル以上の広い客室には天然温泉(那須高湯温泉混合泉)、キッチン、プロジェクターが完備されています。
202196152040.jpg
コンテナを斜め置きにすることでインパクトのある外観と開放的な内部スペースを同時に実現しています。もちろん構造計算をきちんと行いながら設計・施工しているため、強度や耐久性に問題はありません。
斜めに配した中央の黄色いコンテナからは室内に自然光が差し込むため、ゴージャスな雰囲気になっています。
20219615210.jpg
 

 
いかがでしたでしょうか。
今回はグランピング施設を特集致しましたがデザイン、施工、運搬、位置変更など、自由自在なデザインができるので他にも海の家、イベントスペース、カフェ、店舗など、コンテナハウスは様々な事に利用可能です。
 
 
コンテナハウスって何?サイズはどんなのがあるの?という方はこちらのブログもチェックdown
 
 
コンテナハウスのことをもっと知りたい!という人はコチラもチェックdown

コンテナハウスでつくるお洒落な空間6選

近年ではデザインはおしゃれになり、耐久性に優れているということで、更に注目が高まっているコンテナハウス。
私たちも最初に見た時はそのおしゃれさに「ビビビッ」と来てすぐさま現地へ行きました(笑)
代表の方や想いをお聞きして、更に「これだ!!」という気持ちが強くなり和歌山取次店として私たちも施工出来る様になったコンテナハウス♪♪

今回は、そんなおしゃれなコンテナハウスの施工事例を6つご紹介していきます。
コンテナハウスは自由度が高く、自分の好きな空間を作ることができるので住居だけでなく店舗としても活用される事例が増えていきています。おしゃれな空間の中で時間を過ごすのは、自分のご褒美タイムのようで幸せな気持ちになりますよね。お洒落なコンテナハウス実例、ぜひ参考にしてみてください!
 

 - 20ftでもおしゃれで大満足なコンテナハウス - 
202163165554.jpg

まずご最初にご紹介するのは20ftコンテナ1台を使った個人住宅のコンテナハウス。
トレンドのタイニーハウスですが、コンテナで作ると他にはない特別感があります♪
コンパクトな空間に、キッチン、シャワー、トイレ、そして機能的なロフトを備え、居心地の良い空間にshine
お庭が広かったり空いている土地があるおうちだったら、子供部屋として、趣味の部屋として設置するのもありですよ!

20216316567.jpg

202163165620.jpg

 

 - ぱっと見ではコンテナハウスに見えないおしゃれなカフェ - 
202163165636.jpg

一見コンテナ建築とは気がつかないほどの開放感と洗練されたデザインのカフェ。
お客さんのスペースは全てガラス張りにして、木材を合わせる事でかっこよくてお洒落な空間にconfident
202163165648.jpg

20216316572.jpg

 

 - 車のショールーム・ショップ・イベントスペースにもピッタリの雰囲気! - 
202163165736.jpg

40ftコンテナを3台使い、開放的な吹き抜けと、大きな窓が全面オープンするデッキが特徴的なコンテナハウス。
商談スペース・子どもの遊ぶスペース・トイレ・事務所など様々な空間もしっかりとれていて、店舗としてもお洒落で魅力的ですよね!
ついつい「なんのお店かな…?」と足を運んでしまう事まちがいなし!!catfaceflair
※現在はGODIVAのカフェとして営業しています
202163165751.jpg
 
20216316582.jpg
 
 
 - コンテナとウッドデッキを組み合わせたおしゃれなグランピング施設 - 
202163165822.jpg
ミニマルな20ftコンテナには2段ベットとのんびりできるスペースを。
ウッドデッキを組み合わせた事により大自然を堪能しつつ、プライベートな空間を演出していて、リゾートを満喫できるデザインですchickclover
202163165832.jpg

202163165844.jpg
 
 
 - ショップのディスプレイスペースをコンテナハウスにするだけでおしゃれな空間に - 
202163165856.jpg
「ファッションの革命」をコンセプトとしたアパレルのセレクトショップではフロアの中心にコンテナを設置!
存在感があり、ひときわ目を惹く空間となっているので、一気にショップの雰囲気がお洒落に大変身diamonddiamonddiamond

20216316598.jpg

202163165919.jpg

 

 - 8棟のコンテナハウスを連結したフォトスタジオ兼住居 - 

202163165930.jpg

20ftコンテナ8棟を使って中央に正方形の大きな空間を作る事で広々としたおしゃれなフォトスタジオに!
コンテナハウスと従来工法の組み合わせで、今まで以上に空間演出の幅が広がっています♪
202163165940.jpg

202163165948.jpg
 
 
いかがでしたでしょうか。
一口にコンテナハウスといっても使い方や組み合わせ方によって表現できる幅はとっても広いですよね!コンテナハウスでこんなことでない?などご相談があればお気軽にお問い合わせくださいね!
 
 
コンテナハウスって何?サイズはどんなのがあるの?という方はこちらのブログもチェックdown
 
 
 
 
 
コンテナハウスの実例をもっと見たい!という人はコチラもチェックdown

コンテナハウスでおしゃれな住宅・事務所・店舗を!

202145164048.png

今回のテーマは、ヤマトシで取り扱っている建築専用コンテナハウスについて!
最近、オシャレなカフェなどでよく見かけるようになったコンテナハウス。
なんとなくは知っているけれど、詳しく知らない。という人も多いと聞きましたので今回はコンテナハウスとは?から施工事例までご説明いたします!flair

 

 ー コンテナハウスとは ー 
 

「コンテナハウス」と聞くと、錆びた中古コンテナを再利用しているので低コストで建てられる!とイメージしている方が多いかもしれません。
ですが、輸送用として造られたコンテナと、建築用コンテナは全く別物です!
 
物を効率的に運ぶために造られた輸送用コンテナでは、材質上の理由から建築確認を得るのが難しいこと、また、海上輸送コンテナの構造上、窓やドアを設置するために開口部を設けると強度が大きく損なわれてしまい、土地に定着して風雨や外敵から人の身を守ることをができません。
なのでヤマトシでは、海上輸送コンテナではなく、デザインと品質、コンプライアンスを両立できる建築専用コンテナを利用します。
 
コンテナのサイズはこちら
建築用コンテナのサイズ・規格

20フィートコンテナと40フィートコンテナそれぞれ、幅と長さはそのままで、高さだけを1フィート(約 30 cm)伸ばしたハイキューブコンテナも提供可能です。ハイキューブコンテナは一般的なコンテナと比べて容積約12%増。ご要望や状況に応じて使い分けています。(ご要望に応じて規格外のコンテナを製作することもできますが、輸送費が高くなってしまうというデメリットがあります。)

 

 

 - どんな用途があるの? - 

イベント&カフェスペース、コテージ、店舗、ガレージハウスなど用途は様々!

1台の40フィートコンテナを活用してイベント&カフェスペースを作成したり、高い強度を持つ建築専用コンテナなので、縦に積み重ねて二階建てや三階建ての建築物をつくることも可能!
コンテナを縦置きや斜め置きで配置することもできるため、より自由なデザイン・間取りを実現できます♪もちろん、建築基準法が要求する基準をパスします。

 

 - 施工事例 - 
 
 イベント&カフェスペース 
恵比寿コンテナ コンテナハウスのおしゃれなカフェ 内装
カフェの入り口に木製の階段が設けられていて、屋外のウッドデッキにはテラス席がある、コンテナのメタル感とウッドデッキのコントラストが印象的なイベント&カフェスペース。
 
 
 コテージ